ボトックス注射はシワ問題に強い【短期間で気になる問題を解決】

治療の背景を知る

女性

失敗しない為には確認を

ボトックス注射治療に使用される薬剤はボツリヌストキシンというたんぱく質の1種ですが、正規品とジェネリックに分かれています。個人毎に費用面や自身の状況によって優先する事は違うので、その違いについて理解しておく事は検討する際には必要です。正規品と呼ばれるボツリヌストキシンはアラガン社製の事を指し、これは世界共通になります。医療現場で使用されていた時からの実績もあり、副作用のない安全な薬剤として世界70ヵ国以上から認証されています。ジェネリックは特許期間が終了した医薬品は他の会社でも製造できるので、アラガン社以外で製造販売しているボツリヌストキシンです。ジェネリックは正規品と同一成分同効果なので、副作用もなく安全とされています。正規品ボツリヌストキシンの副作用については報告はありませんが、ジェネリックの報告はあります。製造国によっては不純物が混入している事もあります。日本でジェネリックを扱っているクリニックでは精査して仕入れているので安心ですが、日本では厚生労働省が安全性を認めているのはアラガン社製のみになります。費用はジェネリックが正規品の半額以下になりますので、施術費は安くなります。信頼性か費用かという選択になりますが、薬剤よりもそのクリニックがボトックス注射治療を受ける際に信頼できるかが選択する中で重要ではあります。ボトックス注射治療を受ける場合、まずはクリニックを探す事から始まります。クリニック選びでは通いやすさは当然ですが、何よりも信頼できるかが重要になります。ボトックスの薬剤であるボツリヌストキシン自体に副作用はありませんし、正規品では世界中から報告もありません。しかしボトックス注射治療を受けた事でトラブルになった事は0ではありません。ジェネリック薬剤を使用してという事も少数ありますが、大半は医師の技量不足やミスから発生します。ボトックス注射治療はその名の通り注射する方法です。メスや複雑な医療機器を用いない比較的簡単な内容ですが、注入量や注入場所を間違えると期待する効果を得られない事もあります。簡単な施術と受ける側が思わず、経験をしっかり積んでいる信頼できる医師に依頼する事がクリニック選びでは最重要となります。医師免許を持っているからと言っても、美容医療分野での経歴が重要になります。またボトックスを扱っての経験を確認する事も大切であり、クリニックのホームページで医師の経歴を確認できます。クリニック自体の実績よりも在籍医師の確認の方が大切です。クリニックが全国展開している場合、実績も総数で記載されている場合もあります。自分の住んでいる地域で検討しているクリニックの実績や在籍医師の確認をし、安全に施術できる所を選ぶ必要があります。

Copyright© 2018 ボトックス注射はシワ問題に強い【短期間で気になる問題を解決】 All Rights Reserved.